コンテンツ

予備校のやり方次第で生徒の将来が決まる!

28年以上指導してきてみて私が実感することは学習指導が生徒にピッタリとはまると驚異的な成績アップが起きるということです。今までにうまくいった例とそうでない例とがありますが、おおむね素直に指導を受けて本番に緊張せずに力が発揮できた生徒は合格を勝ち取ってきました。

「うまくいく場合」と「うまくいかない場合」

指導してきた経験をもとにここをお話ししたいのです。
きっとこの話は親御さんのみならずお子さんにもお役に立てるものだと思います。

「でも、不安があります」
おそらく次のようなことでしょう。

  • 入学しても実際には…、期待通りの点数が取れなくて不合格になるのでは?
  • やっぱり都会(東京、大阪、名古屋、福岡)の…、大手の予備校の方が安心で確実なのでは?
  • 一流の講師が多いはずなので…、指導内容は大手予備校の方がいいのでは?
  • いなか(宮崎)の予備校だから…、本当はたいしたことはないのでは?
  • 受験に関する情報などは…、大手予備校の方が圧倒的に上では?
  • 大規模な寮がある予備校の方が…、自宅よりも勉強に集中できるのでは?
  • 多くの合格者がいるのだから…、大手予備校の方が信頼できるのでは?

今現在在籍している生徒の親御さんたちも、最初はそうだったのです。
しかし、その親御さんたちはこれらのことに関して、解決し、納得できたから入学しているのです。なぜ、そのように判断したのでしょうか?

説明会(個別相談)で親御さんたちが、実際に塾長より話を聞いたからです。

3月中は春期講習で学習体験できることで、生徒が予備校の実態をチェックできたからです。話を聞いてみて心の底から納得できなければ親御さんは絶対にわが子を入学させるはずがありません。わが子が実際に指導を体験をしてみて「これならできる!」と言わなければ親御さんたちが1年後に、わが子が合格する姿をイメージできないのですから絶対にその予備校に入学させるはずがありません。

なぜならわが子を1年間浪人させて受験勉強させることには親御さんには経済的な負担に加えて、精神的な負担もずっとかかり続けるからです。

「なるほど、ここの予備校の指導を受ければ来年の春にはわが子が合格できそうだ!」そのように確信できなければ親御さんが北斗塾予備校を選ぶはずがありません。お子さんだってそうでしょう。ずっと精神的な負担を抱えながら1年間は辛抱して受験勉強を頑張らなければならないのですから。 「よし、ここの予備校のやり方なら、来年合格することができるはずだ!」そのように確信できなければお子さんが北斗塾予備校を選ぶはずがありません。

予備校を選ぶ

この「選ぶ」という決断から、すでに親御さんたちもお子さんも真剣勝負なんです。
しかし、この「選ぶ」という勝負に勝てばお子さんにとって、将来が決まると言える大切な1年間がスタートするわけでもあります。一生に1度のこの大切な1年間を真剣にお付き合いできる親御さんたちと出会えることを私は楽しみに待っています。