コンテンツ

〈北斗式〉自立型個別指導なら生徒の能力を開花できる!

〈北斗式〉自立型個別指導の優秀さを多くの人たちに証明したくて長年頑張ってきました。

それと予備校を始めた時に最初に預かった唯一の高卒生の女の子が医学部医学科に1番で合格したこともあり、
医学部医学科受験に照準を合わせて指導した結果、

(平成19~24年)で、≪6年連続医学部医学科合格≫

 

「医学部受験はわかった。そうではなくて有名な私立大、そうね、それも関東ならどう?」

 

そんな声に対しても証明したかったのです、

 

この指導法の優秀さを。

 

どちらかというと国公立大学の合格者を、

 

どんどん増やしていく予備校にしたかったのですが、

 

今のビルで予備校を開始(平成19年)したころから、

 

4~5年間くらい私立大の受験指導の要望が強かったので、

 

平成25年にガッチリと証明することになりました。

 

平成25年の有名私大合格実績

早稲田大学 上智大学 明治大学 青山学院大学 中央大学

 

「でも日本トップの慶應義塾大学がないんじゃないの?」

 

そんなことを今度は達成時の平成25年に、

 

(わが子を慶応にと思っている)保護者の方に、

 

強い要望として言われたので、

 

そういうことならと、

 

翌年の平成26年に一発で証明することに。

 

慶應義塾大学合格

 

一通り関東圏の有名(難関)な、

私立大学の合格(文系)は、

この時達成しました。

 

これで有名私大に合格させる指導技術がある、

そう信じてもらえたようです。

「宮崎にある田舎の塾(予備校)に何ができる?」

このようにおっしゃる方(東京在住)もいましたが、

まったく関係ありませんでした。

北斗塾予備校は国立大学の医学部合格だけでなく有名な私立大学の合格にもきちんと対応できることを平成26年までで、

完全に証明できたと思っています。

どうやら合格実績がないとその塾(予備校)には、

生徒を合格させることができる能力がないのでは?

親御さんや生徒もこう考えているようです。


そういえば、ある人から「医学部合格は0名になったの?」、

と言われた(平成25年)のですが、

このときは医学部志望者がいたので

翌年は宮崎大学医学部医学科で合格者を出しました。

 

受験する生徒がいない年は合格者数が「0」になるのは、

あたりまえなのですが、

どうやらそうはとらえない人もいることが、

このときわかりました。

 

ちなみに、センター試験時代の話になりますが、

700点台の生徒で予備校に入学して1年間勉強する。

これで翌年に医学部受験で不合格になる生徒は、

どこの予備校にもたくさんいます、当然のごとく。

 

しかし、北斗塾予備校の場合はそうではありません。

つまり、

700点台で入塾してきた生徒は全員1人残らず、

医学部医学科に進学しています。

要するに、

900点満点で700点くらい取れた生徒ならば

翌年は100%合格しているのです。

 

ある医学部医学科受験用のサイトでは、

 

「(生徒の点数が700点台だからといって)100%合格させてきた予備校なんてあり得ないので表記できません!」

と言われてビックリしましたが…、

「日本中にある全部の予備校が本当に今までできていないことなのだろうか?」

と、ずっと内心疑問に思っています。

何年もその専門サイトを運営している担当者が言っているので一応は信じますが…。

 

しかし、北斗塾(予備校)は例外かもしれませんが、

100%合格していることは事実です。

(正直言って)

このレベルの生徒を1年間預かるならば、

翌年合格させることは簡単だと思っています。

 

別に特定の大学や学部や学科の合格者が、

その年に出ていないからといって、

北斗塾や北斗塾予備校の指導レベルが下がっている、

ということはなく、精進努力を重ねているので、

年々上がることはあっても下がることはないのです。

これからもずっと上がり続けるだけです。

それがあたりまえです。

だから常に過去最高レベルの北斗塾(予備校)は、

「今年」ということになります。

本物の基礎学力、これこそすべての源。

いろんな受験勉強の方法があるでしょう。入試問題をどのようにして解くか、その解法を教える授業を受ける。

いわゆる試験で点数を取れる「受験テクニック」を学ぶ…。そのことが悪いわけではありません。それでもいいのです。

 

「センター試験なら現時点で8割くらいとれるよ」(注:共通テスト実施前の時代のセリフです)

 

そういう学力の生徒ならば有効かもしれませんね。そうでない学力の生徒が通常の大手予備校の授業において、真剣に取り組めば、内容や本質を「理解」し吸収できて、なおかつ試験において「応用」できるようになると思っていますか?

 

私の34年間の塾での指導経験による個人的意見ですが、残念ながらほとんどの生徒はそのようにはなりません。そんなに甘くはないですね、大学受験なのですから、大学受験とは「全国大会」ですよ。甘いはずがないでしょう。部活動をしてきた生徒やその経験がある親御さんなら想像できますよね、「全国大会」のレベルを。

 

 

本来、

本物の力はしっかりとした土台の上にしか、

絶対に構築できないのが真実です。

私はそのように信じていますし、

34年間そういう事実しか見てきませんでしたが、

私の言っていることが正しいかどうか?

正しいかどうかなんて、

人生経験を積んできた親御さんたちならば、

必ずわかるはずです。

それとは反対にほとんどの予備校が、

応用問題(入試問題)を授業している。

これはなぜなのでしょうか??

(※「衝撃の事実」は面談でしかお答えできません)

 

もともと授業を受けるだけで成績が上がっていける生徒なら、高校ではそれこそ膨大な量の授業を受けてきているのですから、その結果として入試で不合格にはならないはず。つまり「授業を受ける」だけでは大学合格はできないのです。

 

高校でさんざん授業を受けてきたにもかかわらず、不合格になってしまうのはなぜか?

 

理由があるはずです。

 

そこがわからないまま他人のお子さんの合格実績をチラシやホームページで見て塾や予備校を選択したらほぼ失敗する未来が待っています。スポーツの世界でもビジネスの世界でも、誰かが上手くいくと「同じやり方をすれば自分も上手くいく」と錯覚してしまいますが、他人の成功方法と自分の成功方法は違うものです。

 

ではどうするか?

 

「自分が上手くいくやり方(学習法)を見つけなければいけないのです!」

 

実は、

〈北斗式〉自立型個別指導ならばその生徒に合った、

「上手くいくやり方(学習法)」を見つけることができます。

 

というか、

上手くいくやり方を見つけてそれを実行させる指導が、

〈北斗式〉自立型個別指導」です。

 

わが子はわが子であり、他人は他人!

わが子に合った(唯一無二の)成功ストーリーを描く。

これが合格する為の鉄則です。

あとは…その通りになるようにこちらが導きます。

それが「指導」というものであり、

それは「個別」であることが必須条件なのです。

 

北斗塾の塾生(予備校生)には、基礎学力を徹底的に身につけさせます!

 

応用力や実戦力(発展力)の養成はその後です。

 

順番を間違ったら大変なことになります!

 

その「回り道」こそが結果的に「近道」なのです。

 

盤石な基礎力の養成によって、

 

「万事が解決できる力」を生徒は手に入れます。

 

「センター試験で点数が取れなくて今回失敗しました」

こう言ってくる生徒や親御さんの数は多かった。


「北斗塾さんならセンター対策が得意だと聞きました」

こう言ってくる生徒や親御さんがたくさんいました。

 

2023年度の大学入試共通テスト、

北斗塾予備校生(全員)の平均点数は、

1年前より107.4点のアップでした。

同じようなことが他の予備校にも起きたのでしょうか?

(※起きていたら教えてください)

 

個別指導(しかも自立型)でやる限りにおいて、

集団授業よりも効果的に指導できることは、

誰がどう考えても「あたりまえ」ではないでしょうか?

 

①講師の「質」や「やる気」②個別指導をする予備校の「指導方法および方針」③提供する「教材」や立案する「計画」

こういった要素の精度が、

各生徒に対してレベルの高い状態を維持できる限り、

「個別指導の塾(予備校)が、集団授業の塾(予備校)に劣る」というようなことは起きないと断言します。

安心してもらって大丈夫です。