塾講師のやる気の源とは?(その4)

私(塾長)を説得したいAくん。

 

面接が500点満点中の300点を占める2次試験。

 

こんなおいしい話はないぞ、そう確信している様子だ。

 

ラクして大学に合格できるぜ!

 

そんな彼の心が透けて見えた。

 

 

「きみは以前おれといっしょに考えて志望学科を決めたよね?」

 

「はい、それはそうです、そうなんですけれど」

 

「そのいきなり浮上してきた●●学科で本当にきみはいいの?」

 

「もちろんいいです、親も両方とも納得しているんでっ!」

 

「…本当に?」

 

「はい、本当です、担任と三者面談があって決めたんでっ」

 

「いつ?」

 

「昨日です!」

 

「あ、そう、ところで…入試問題、見たの?」

 

「過去問すか、それは…見ていません」

 

「解けそうな問題かどうかも確認していないの?」

 

「していないっす…でも、今から見ます!」

 

「もしも解けそうにないくらい難しい問題だったら?」

 

「いや、まだ見ていないんでそこは何とも言えないです」

 

「きみの担任はその問題の程度まで考慮した上できみに提案したの?」

 

「いや、それは知らないっす、でも…」

 

「そんなに(担任は)きみの学力を把握しているの?」

 

「いや、それは、その…」

 

「まあ、いいよ。きみやお母さんたちで決めたなら」

 

「本当にいいっすか!あ~、良かったぁ…」

 

「後悔しないんだね!?」

 

「しませんっ!(きっぱり)」

 

「じゃあその問題がどんなに難しくても…」

 

「難しくても…、何ですか?」

 

「塾としてはきみが解けるように指導しなくてはいけないから」

 

「あ、はい。で、俺はどうすればいいですか?」

 

「まずは昨年の問題を解いてみなよ、国語と数学を」

 

「わかりました、今からすればいいですか?」

 

「おう、今からやればいいよ、時間を計って」

 

「了解っす!(敬礼!)」

 

 

(続く)