塾長の考え(抜歯)

2月14日の真夜中。

 

今までも時々はしみていた奥歯、「親知らず」。

 

それの痛みが激しくなってきた。

 

「今夜眠れるかな…」

 

 

翌朝10時。

 

行きつけの歯科医院に行く。

 

「虫歯ですよね、しみるんですよ」

 

「虫歯ではないですね、もう歯が限界ですよ」

 

「え?」

 

 

歯周病が進み歯の根元がぐらぐらに。

 

どうやら抜歯は避けられそうにないとのこと。

 

 

冷たい水を飲んだ時の強烈な「痛み」。

 

ス~っと息を吸ってみても、ビリビリっとくる「痛み」。

 

何よりも塾での仕事に支障があったら今は特に困る。

 

 

何十年も活躍してきた自分の歯。

 

愛着があるし、なくなれば食事の時も不便になる。

 

そう思うと…つらい。

 

 

決断しないといけない場面だけれども、

 

歯医者の先生はあっさりと、

 

「もう抜かないとダメですね」

 

 

プロの眼から見たらそうだろう。

 

間違っていない。

 

でも…。

 

 

「もう浪人しないといけないね、来年頑張ってね」

 

不合格が決まり、

 

受験生が塾の先生からキッパリと言われたときの気持ち。

 

それはごもっともだけど、間違ってはいないけど、

 

「そんなにあっさり言われても…」

 

そう感じるだろうな、そんな風に言われたら。

 

 

自分がどんな気持ちなのかをわかってくれた上で、

 

声をかけてもらえれば、

 

それが本当の意味で、

 

「(患者に)寄り添う」ということだろう。

 

 

「捨てますか、持って帰りますか?」

 

「…持って帰ります…」

 

 

歯科医院からの帰り道、

 

歩きながら塾に向かう。

 

予備校生の受験指導があるから…。

 

ふと抜かれた自分の歯を見てみると感謝の気持ちがわいてきた。

 

「今まで長い間ありがとう…」

 

 

このとき2年前の12月に亡くなった母をなぜか思い出した。

 

思えばわが母もこの歯のようにずっと自分を…。

 

大人になっても…ずっと気にかけてくれていた。

 

 

涙が出た。

 

 

「親知らず」を抜いたことで、

 

「親の心」を知れたような気がした。