塾講師のやる気の源とは?(その3)

「塾長!お話があるんですけどっ」

 

「何、どうした?」

 

「学校の担任と話したんですけどっ!」

 

「何を?」

 

「志望学科のことで」

 

「は、何かあった?」

 

「実はですね、変えようと思いまして…」

 

「ん、何で?」

 

「実はですね、俺に合った学科が見つかりまして!」

 

「あ、どういうこと?」

 

「●●学部の■■学科です!」

 

「(絶句)…、何でそうなった?」

 

まあまあまあ、落ち着いてください、説明しますからっ!」

 

 

Aくんの話が始まった。

 

塾長の言いたいことはわかるんすよ、

 

でも、今から俺が言うことはもう決まったことなんすよ。

 

 

私が話そうとするとまずは自分の話を聞いてくれと頼んでくる。

 

 

中身はこうだった。

 

担任の先生が言うにはAくんの学力(の低さ)から考えて、

 

面接の配点が合計点数500点のうち300点もある、

 

そんないいところ(学科)を俺(担任)が見つけたぞ。

 

 

面接だったらお前はハキハキしゃべる性格だから、

 

おそらくは満点を狙えるだろ?

 

問題は面接以外に学科試験があることだ。

 

それは国語(100点)と数学(100点)だ。

 

 

今から死ぬ気で頑張れば半分の50点くらいは、

 

(お前でも)取れるんじゃないの?

 

それで見事、トータル400点!

 

 

つまり2次試験の得点率は80%になるので、

 

これで合格できるだろっ、なっ!(笑)

 

 

この話に親御さんも本人も心底納得。

 

後は学科選定で塾長に協力してもらったから、

 

いかにして塾長(私)をうまく説得するか。

 

 

この時点ではすでにそういう段階になっていたのだった。

 

 

(続く)