塾長の考え(塾への依存心)

昨日の日曜日にある生徒から電話がありました。

 

「先生、塾は今日開いていますか?」

 

 

その生徒の要望は塾で勉強したいというものです。

 

自宅では勉強(集中)できない、ということでした。

 

 

 

塾に依存することは短期的に見れば効果的ですが、

 

長期的に見ればどうでしょうか?

 

 

 

そもそも勉強は孤独な状態でやることで効果が出るものです。

 

周りにやる気がある人がいるから自分も頑張れる。

 

そういう要素も否定はしません。

 

でも、学年トップレベルの生徒はそんなことは言いません。

 

 

自宅で勉強できる人こそが、

 

将来にわたってずっと伸びていく人です。

 

 

 

依存することが慢性的になったら逆効果です。

 

 

「自宅じゃできない、塾でないと!」

 

と主張する生徒にはいつも話して聞かせています。

 

「環境ではなく自力でやれる精神力を養いなさい」と。

 

 

塾に毎日来させればおのずと学習時間が増えて、

 

成績も一時的には上がってきます。

 

あたりまえです、学習時間が増えたのだから。

 

 

でも、学習方法を根気よく指導して、

 

自宅での学習内容を指示しておけば、

 

自宅でも塾同様に学習できるようになります。

 

指導者側には根気が必要ですが。

 

 

 

結果、それができるようになった生徒の成績は爆上がり。

 

 

●●高校、▲▲高校のトップの生徒は北斗塾にいます。

 

2人とも自宅学習は平気で平日に4時間以上できます。

 

他の高校の10番以内の成績の生徒は、

 

土日それぞれ10時間以上を自宅で学習できます。

 

 

自宅学習ができる生徒の成績は抜群です!

 

 

環境に左右されず結果を出す力。

 

これこそが本物の力です。

 

それが必ず彼ら彼女らの将来性を豊かにします。

 

自ら成長していけるのですから。

 

 

塾に依存する習慣を身に着けてしまったら、

 

塾なしでは生きていけなくなりますよ。

 

まともな親御さんなら、

 

誰もそのようなことは望まないはずです。