共通テストの得点調整

先日、共通テストの化学と生物の得点調整が発表された。

 

点数によっては合計で18点上がる生徒もおり、

 

この得点アップは大きい。

 

 

「たった10点アップか…」

 

と言っている生徒もいたが、

 

大学入試ともなると合否のラインに「1点差」で多くの生徒が並び、

 

たった「1点」が足りなくて翌年浪人する受験生が何人も出る。

 

 

そのような厳しい現状を知らない生徒が現実的に大勢いるだろう。

 

かつて塾生(予備校生)が「2.4点」足りなくて、

 

九州大学医学部医学科に不合格になった。

 

定員が100名でその生徒は102番だったので落ちたのだ。

 

 

そのようなつらい経験があるので、

 

「たった10点アップか…」とは私は決して思わない。

 

ありがたい話だ。本当に。

 

 

結果的に予備校生の前年比得点アップの数字が変わった。

 

前回のブログで「1人当たり平均100点アップ」と発表したが、

 

得点調整後、「1人当たり平均106.8点アップ」になった。

 

これが現時点での北斗塾予備校の実力だと言える。

 

 

共通テストで900点必要な生徒の結果だが、

 

正真正銘「予備校生全員」の結果である。

 

 

そして他にもいろいろと調べてみると、

 

 

最も成績アップした高校3年生は189点アップ

 

最も成績アップした予備校生は178点アップ(800点満点)であった。

 

900点満点で最も成績アップした予備校生は147点アップだった。

 

 

高3生で九州大学を目指している生徒は、

 

5月の模試の得点から本番での得点は120点アップ⇒2次試験へ

 

高3生で国立大学の医学部医学科を目指している生徒は、

 

5月の模試の得点から本番での得点は111点アップ⇒2次試験へ

 

 

これが現時点での北斗塾【高校部門】の実力だと言える。

 

新たに考案した「共通テスト対策」が効果的だったようだ。