本気で大学目指すなら、ちゃんとした塾(予備校)に!【その1】

今から5年ほど前の出来事。

 

ある大手予備校に2人の親子が訪れた。

 

お父さんとその娘さんだ。

 

「あの~、うちの子はとてもできない子なんですが…」

 

「ああ、大丈夫ですよ、うちには今度新設されたコースがあります」

 

「と、言いますと?」

 

「できない生徒のための教科書中心に授業する『基礎コース』ですよ」

 

「え、じゃあうちの子もそこに入れてもらえれば!?」

 

「はい、安心して当予備校に入ってください!」

 

「良かった~」

 

 

それから1年後、その親子は北斗塾予備校にやってきた。

 

あの日あの時と同じ、お父さんと娘の2人で。

 

 

「初めまして、塾長の一木(いちき)です」

 

面談の始まりはいつもこのセリフだ。

 

結局のところこの娘さんはセンター試験で900点満点で300点だった。

 

今年のセンター試験の結果をもって私の目の前に現れたのだ。

 

今までも270点くらいの生徒が入ってきたこともある。

 

300点の生徒の前でひるんでいるわけにはいかない。

 

しかしながら国公立大学に入学するなら最終的には540点は欲しいところだ。

 

 

その生徒(娘さん)は最初は下を向いていた。

 

お父さんが口を開いた。

 

「あの~、うちの子はとてもできない子なんですが…」

 

父親のセリフとともにその生徒が顔を上げて私の方を見た。

 

不安そうな表情だった。

 

 

(続く)