京都大の受験対策で(その2)

東大や京大などの超難関大学の文系の入試科目には社会が必要だ。

 

中学生が学習する社会は「歴史」「地理」「公民」に分類できる。

 

これが高校生になると、

 

「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」

 

これらが【地歴】と呼ばれるもので、

 

「倫理」「政治・経済」「現代社会」「倫理、政経」

 

これらが【公民】と呼ばれる。

 

 

これらの内、文系の進路に進む生徒は【地歴】から2つ、

 

【公民】から1つ科目を選択する。

 

ちなみに、

 

「社会」と言えば教科名を意味しており、

 

「世界史A」と言えば科目名を意味する。

 

さらに言えば、

 

「A」よりも「B」の方が範囲が広く覚える量も多い。

 

 

東大の受験(個別検査:通称「2次試験」)には2科目が必要で、

 

京大の受験には1科目が必要だ。

 

私のところには日本史Bで受験する生徒がいるのだが、

 

京大の試験の中身はというと、

 

相当に細かい用語が連続で問われており、

 

大学入試センター試験と比べると、

 

2~3段階くらい上位のレベルと思われる。

 

また論述を要求する問題が東大同様出題されているのだが、

 

こちらに至っては4段階上だろうと思われる。

 

京大(東大もだろうが)の受験生の大半は、

 

この論述問題の対策に悩んでいるだろうと思う。

 

が、しかし、

 

近年私にはこういった論述用の対策として、

 

非常に有効な2つの武器を用意している!

 

1つはこういった超難関大学受験用の論述対策テキストであり、

 

もう1つはというと、

 

私がビジネススキルとして身につけている「ある手法」である。

 

 

この「ある手法」とはどの論述対策本にも解説されておらず、

 

またいろんな予備校講師が出している「講義書」にも、

 

今のところ掲載(=解説)されていることがない。

 

そういうわけでこれは非常に有力なスキルだと思っている。

 

実際のところ、

 

論述問題がどうしても上手くいかずに苦戦していたうちの生徒も、

 

この手法であっという間(決して大げさではない)に、

 

学習することができるようになり、

 

本人も驚きを隠せない様子だった。

 

 

このような瞬間を味わうと塾講師としての仕事の中に、

 

研究者としての要素もあるのだと感じ入ることができるし、

 

今後もこういった“発明(正確には応用だが……)は、

 

していきたいものだと思う。

 

 

若い頃(20~30代)には、

 

大量の時間を使って努力してもなかなかできなかった芸当だが、

 

キャリア27年目を過ぎたあたりからこういったことが、

 

わりと自然にできるようになったことが個人的に嬉しいことだ。