入試は勝負だ。(番外編)

「塾長、合格しました!」

 

「おう!よくやったね」

 

「1人?」

 

「いえ、父と母がこの後ちょっと遅れて来ます」

 

「一緒に来たんじゃないの?」

 

「いや別です。父が今洗濯機を処分しに行っています」

 

「洗濯機?」

 

「はい。掃除は終わったので後は洗濯機を片付けたら完了です」

 

「そうか、引っ越しだね。実家(大分県)に戻るんだね」

 

「はい」

 

この後にお父さん、お母さん、お姉さん(初お目見え!)がやってきてしばし談笑。

 

その後に久しぶりに記念撮影。(合格したからといって滅多には撮らないけど今回は特別に)

 

 

左から順に。

お父さん ※スマート

小林君本人 ※主役

私 ※ヘビー級

お姉さん ※美人

お母さん ※美人

 

 

 

 

ありがとう、小林君。

 

君が頑張ったからみんなが笑顔になれたよ。

 

夢だったパイロットまであともう少し。

 

「夢は見るものであって叶うものではない」と言う人も世の中にいる。

 

俺は……そうは思わないよ。

 

努力して頑張っていけば夢は目標に変わる。

 

きみは夢を目標に変えることができるほど頑張ったんだよ。

 

北斗塾(予備校)のお手伝いはあくまでも学科試験の合格まで。

 

この後もこれまで同様に「抜かりなく」ね。

 

お父さん、お母さん、お姉さん、このたびは本当におめでとうございました。

 

お別れの日が来ちゃったね。

 

でも、それは君にとっては夢に向かっての新たなスタートの日。

 

 

小林君、またね。(^_^)/~