入試は勝負だ。(その1)

K君に初めて会ったのは今年の春のこと。

 

「息子が航空大を受験することになったのでよろしくお願いします」

 

私の目の前に現れたのは熊本大学を今春に卒業予定の大学生。

 

そしてその生徒の両隣りには父親と母親。

 

1対3の面談だった。

 

「うちの子は文系なのですが、航空大は理系の子が受験するのですよね?」

 

「そうですね」

 

「ちょっと難しいでしょうか?」

 

「いえ、そうでもないですよ」

 

「え?そうなんですか、うちの子でも大丈夫でしょうか?」

 

「はい、おそらく」

 

「ああ、良かった。ではよろしくお願いします」

 

「こちらこそ」

 

簡単に記載してみたが実際のやり取りには計2時間くらいかかった面談。(笑)

 

そして瞬く間に時は過ぎていき、あっと言う間に航空大の入試の日がやってきた。

 

運命の日は7月21日(日)。

 

前日の7月20日(土)の夕方6時すぎ。

 

土曜日の指導も終わり、帰ろうとするK君。

 

そして友人のS君。

 

「明日は強気で行けよ」

 

「はい」

 

K君の人生をかけた勝負の日が明日となった。

 

今までの努力はこの日のためにある。

 

何カ月もかけた努力はたったこの1日で判断されるのだ。

 

(続く)