いろいろな個別指導予備校(その1)

予備校の面談で聞いたショックな話。

 

私がネット上の宣伝において、

 

「ここの予備校ならしっかり(個別指導を)やっていそうだ」

 

そう思っていた予備校がまた1つ減った。

 

残念だ。

 

どうしてこうも宣伝と実態が違うのだろうか。

 

怒りを通り越してあきれる。

 

その予備校名を名指しすることは避けるが、

 

個別指導においては何段階もレベル分けをして、

 

丁寧に指導をすると謳っている予備校。

 

実際にそこに通っていた生徒とその保護者の方が、

 

口をそろえて事実を言うのだから私は反論できない。

 

言っていることとやっていることが違う、と。

 

 

ガタガタになっている彼の成績表の点数を見て、

 

よくこの生徒はあきらめずに私の目の前に現れたな…。

 

そう思った。

 

夢をまだ捨てていないんだね。

 

迷惑をかけっぱなしの両親に何とか大学合格をして、

 

安心させたいそして親孝行をしたい。

 

そういう旨の話を彼から個人的に聞いて、

 

彼の予備校への入学を即決した。

 

「よし、だったら一番上を目指そう!」

 

 

 

やはり個別指導をすることは大変なことなのだ。

 

個別指導をすることをいやがる予備校が多い中、

 

そこはしっかりとやっている。

 

そう私は思っていた予備校が実はそうでなかった。

 

生徒が集まりすぎて講師の方がきちんと対処できない。

 

そういう状況だったのだろうか…。

 

 

今は人材不足でいい講師の確保が難しい。

 

そのため対応が雑になったり、

 

あるいは他の予備校講師が掛け持ちでバイトで来たり。

 

掛け持ちで来ていたバイトの予備校講師の愚痴の話、

 

それを聞いた生徒の心境はいかばかりだっただろうか。

 

「いつもお金の話ばっかりでした」

 

その生徒の話を聞きながら想像するだけで胸が痛む。

 

「予備校に裏切られました」

 

そのように話すその生徒の気持ちは…。

 

 

いろいろな予備校(校舎ではない!)を掛け持ちで授業する。

 

そういうバイトの予備校講師がいる限り、

 

その予備校が生徒1入ひとりの学力のデータ分析、

 

それが仮にうまくできていても、

 

それに合わせた有効な個別指導が出来るわけはないのだ。

 

 

だから私は25年以上前からずっと言い続けている。

 

個別指導を本当にしっかりとやることは、

 

保護者の方が想像する以上に大変極まりないのだ。

 

 

それゆえに身が引き締まる。

 

本物の個別指導をやり続けることができるように。

 

期待を裏切らない個別指導を追求し続けたい。