予備校生の2次試験の指導で

京都大学を受ける生徒がいる。

 

合格するには6割の得点が必要だが、それは標準的だ。

 

国公立大学の2次試験を受ける際に合格に必要な点数。

 

その標準的な点数は得点率でいうと6割前後が妥当だ。

 

それ以上の点数を取らないと合格できない場合は、

 

そもそもセンター試験での点数が合格ラインに達していない。

 

だから、2次試験で得点しないといけない点数が8割という場合は、

 

かなり背伸びをしている受験と言える。

 

あるいは、5割取れればいいという場合は実際のところ…、

 

その大学は受験生のレベルからすれば低いと言える。

 

入学後に幻滅する場合もあるだろうと推測する。

 

京都大学を受験する生徒は日本最難関大学の受験となるけれど、

 

そこを目指して猛勉強してきたからこそ、そこを受験できる。

 

それだけのセンター試験での得点があったからこそ受験できる。

 

それだけでもすごいことだと思う。

 

後は京都大での本番勝負だが、これにはいろいろな戦略が必要だった。

 

私が描いた戦略通りに学習してきたその生徒。

 

それが功を奏すことを楽しみに指導を続けている毎日だ。