国公立2次試験まであと7日

毎年この時期に痛切に感じることがある。

 

予備校生のことだが、時間が足りたかどうか、ということだ。

 

1年間という時間を浪人するつもりで予備校に入学する。

 

その時期は4月がほとんどだ。

 

北斗塾予備校も基本的には4月の第2週に開始する。

 

そこから計算すると大学入試センター試験までは9ヵ月しかない。

 

「今年1年間浪人して頑張ります!」

 

このように新予備校生は4月に私たちに宣言してくれるけれど、

 

実際は1年間もない。

 

繰り返すが、9ヵ月間だ。

 

昨年もスタートが早かった生徒ほど成績が上がっていくペースが速かった。

 

3月スタートと4月スタートではハッキリと言いたくないが、

 

実のところ終わってみると上がった点数が30~50点は違っている。

 

これが現実だ。(5年間計測しているのでほぼ確かなはずだ)

 

このセンター試験での「差」が重たくのしかかるのが2次試験前の1週間である。

 

センター試験の合計点数が持ち点で2次試験に臨むのだから、30点が大きい。

 

 

「センター試験であと30点上の点数が取れていたらどんなに良かったか…」

 

 

スタートの「早さ」は学力向上の「速さ」の大きな原因となるのだ。