中2のSくんの理科の指導で

中2のSくんが質問に来た。 「この作図ができません」 それは理科の問題だった。 斜面に置かれた物体にかかる重力を分解して作図するものだ。 これがわからない原因の1つは、 「三角定規の使い方」がわかっていないことである。 もう1つの原因は、平行四辺形の性質をまだ十分にわかっていないこと。 そして最後の原因は、「力」は平行四辺形の性質に合わせたように分力できるということ。 これは中学生の理科の問題だ。 でも、その問題を解くにあたっては、 ➀小学算数の知識 ②中学数学の知識 ③中学理科(物理)の「力の分解」の知識 これら3つの知識が必要。 これらが連続して浮かんできてこそ解ける問題ということだ。 Sくんは③に関しては何となくわかっている状況だったが、 ➀と②の知識があやふやだったのだ。 しかし、問題の解説にはそこが載っていない。 個別指導をする塾講師が未熟なとき。 この➀と②の重要性と解説がないまま指導してしまう。 それで生徒は混乱したままやり方だけをまる覚えする。 このように問題の本質を理解をさせないまま指導をすること。 単に解法パターンを詰め込まされる指導。 これでは「個別指導」であっても生徒が理解できるようにならない。 個別指導をする講師ならば全員気をつけなければいけない。 サッカーの「ゴール!」が選手間のパスの連続から生まれるように、 問題の「解答!」も知識のパスの連続から生まれるということを。